石垣島で釣りやシュノーケリングを楽しもう!

20.1 C
Ishigaki

青い髪にご用心!?

habukurage

 

こんにちは!石垣島マリンタイムです!

今回もお話は海の危険生物ということで、最近認知も上がってきた

「ハブクラゲ」についてお話したいと思います。

ハブクラゲ、青みがかった透明な体に、非常に長い触手を待ち、

移動速度も速いため、砂浜などで被害が出るケースが多いです。

触手にはたくさんの毒針が入った刺胞というものがあり、これが発射されると

激痛が走り、蚯蚓腫れになります。まれに、呼吸困難になるケースもあり、

非常に注意が必要です。刺された場所は、約6時間後には水ほうが出来、

12時間後には壊死状態になるそうです。赤く晴れ、かゆみを伴います。

応急処置としては食酢をたっぷりとかけて、刺胞を取り除き、

痛みのある患部は、水や氷などで冷やすことです。ただ、この処置が

全てのクラゲ類に効くわけではなく、カツオノエボシなどの場合はこの処置で

逆に刺胞を発射させてしまうことになるので、間違えないように気を付けて下さい。

振動するものにからみつく習性があるということなので、

見かけたら絶対に近づかないようにして下さい。

また、本体から長い触手が漂っているので、

本体からだいぶ距離があるからと安心製せずに、すぐにその場から立ち去り、

周囲の人にも注意を喚起して下さい。

石垣島でもシュノーケルをするときは十分注意が必要です。

 

ビーチなどでは、クラゲ用のネットを設置している場所もありますが、

そういったネットのないところでは、やはり入ってきていることが

ありますので、十分に注意して下さい。

 

出くわした場合も、万が一被害にあった場合も、落ち着いて対処すれば

最小の怪我で済みます。逆にパニックになって海水などを飲みこんでしまう

方がとても危険です。海にはたくさんの生き物が暮らしています。

海遊びを楽しむためにも、そういった海の危険な部分も知っていることが

とても大事です。

みなさんも、他人事と思わず、心にとどめて下さいね★

 

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Popular

More from author