石垣島で釣りやシュノーケリングを楽しもう!

28.1 C
Ishigaki

スイジガイについて 石垣島の貝

こんにちは!石垣島マリンタイムです。

今回のお話は、スイジガイについてです。

20141216_214329

石垣島のお土産屋さんには必ずといっていいほど置かれている

スイジガイ。面白い形と磨くとツルツルになる光沢で

大変人気の装飾的貝ですね。

大きくなると縦24センチ、横幅16センチになります。

 

幼い時は他の貝のように目立った突起物はありませんが、

成長するに従って6本の長くとがった角状の突起が出来ます。

この形が漢字の「水」に似ていることから和名の「スイジ‐貝」と付けられました。

生息地はインド洋から紀伊半島以南の沿岸地域で、浅い海やサンゴ礁、岩礁、

などにいます。

suji

殻の入り口から水管と目を望遠鏡のように突き出して

 

周囲を窺いながら、殻の蓋部分を杖のように使用して移動します。

硬い殻がとても丈夫で、装飾品や貝細工として広く利用されるほか、

食用としても利用されています。

 

沖縄諸島、八重山地方では、火難避けや魔よけとして玄関先に置く風習があります。

宮古島や沖縄の名護市では市のシンボルとされているのだそうです。

 

石垣島を訪れたら必ず見かけるスイジガイ。たまにシュノーケル中にも

水中で見つけることが出来ます。生きているスイジガイは、目を伸ばしているので

ちょっと始めてみる方はびっくりするかもしれませんが、よく見ると

ユーモラスで可愛いですよ。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜

みなさまへ

2014年度のマリンタイムツアーは終了しております

来年の

2015年3月ごろシーズンを開始致しますので

ご参加希望の方は、日程調整の方を

どうぞよろしくお願い致します。

〜〜〜〜〜〜〜〜

 

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Popular

More from author